国語力はあがってるのか?

国語強化月間として、取り組みを続けていますが、順接などの接続詞が出てきたときには、原因を確認するようにするのですが、結果を見て、原因がどれかをうまく線を引くことができません。

昨日で接続詞のところが、終わったので最後の確認テストを行いましたが、空白になっている接続詞を入れてうまく解答できるのですが、ニュアンスで答えて居る部分が大きい気がしていています。

接続詞の理解はあともう一歩か

以前は、ニュアンスすらわからない状態ではあったので、成長していると言えば成長しているのですが、それをよろこんでよいのかどうかの判断に悩むところはあります。一応このまま進めていくと決めてはいますが、算数よりその判断が正しいのか自信がありません。娘をみていると、因果関係、対立関係、「イコール」の関係はニュアンス的なところが大きいですがある程度正答できるようになってはきているように思えます。因果関係の原因と結果の原因はわかっても結果がどれなのかうまく説明できなかったり、具体化や抽象化などときには、具体化していることがわかっても、抽象化しているところを説明できないことが多く、それはうまく言葉にできないだけなのか、理解力が乏しいからかはっきりとわからず、親として指導をどうしていくか自信をもって指針を出せずにいます。

Z会のグレードアップ問題集の読解問題に対しては、一人で読み解答できるようになってきていますので、以前よりはできるようになってきているなと見える部分があることが、ひとまず論理エンジンキッズを進める理由になっています。

論理エンジンキッズは難しいのか

みている限りでは、接続詞のところを除けば難易度としては、そこまで難しいとは思えませんが、接続詞は筆者が力をいれている部分でもあるでしょうし、実際の文章で接続詞を選択する問題は難しいと思えます。論理的に国語を学べる参考書は多くないので、ここが難易度高くとも何とか食らいついて実力をつけたいとは思います。

今日の学習

論理エンジンキッズは接続詞の確認テストと「いつ、どこで」を把握する問題です。接続詞の問題に比べて意味を把握しやすいようで、すらすらとできていました。以前はこの程度の問題でも意味を把握することができませんでしたので、その点ではゆっくりですが成長はしているんだと前向きには考えたいと思います。

算数関係は今日は確認テストをした関係で、Z会の通信教育だけで、RISUはお休みです。また明日からがんばりたいと思います。

前後記事

現在の取り組み

取り組み時間

  • 朝15から30分
  • 夜1時間

取り組み問題

  • Z会 ハイレベル 小学1年生 【みらい思考力ワーク込み】月々4,955円(年間59,460円)
  • RISU(月あたり2,480円)
  • ひとりでとっくん365日05基礎3-A  (1100円)
  • ハイレベ100小学1年さんすう(880円)
  • Z会グレードアップ問題集こくご 読解(880円)
  • 論理エンジン 1冊あたり約1792円(合計21500円)
  • すみっコぐらし学習ドリル 小学1年の漢字(880円)
  • 《一歩先を行く》リーダードリル〈算数〉小学1年の計算 『予習シリーズ』四谷大塚のドリル 990円

公文式に2教科で通うより少し少ないくらいの出費になっています。

※注意1

Z会の通信教育以外の問題集は一月で終わらないので、厳密には月あたりの合計と実際の支出は異なります。

※注意2

問題集の価格は購入時の価格のため現在と異なっている可能性があります。

※参考

公文式に国語算数で通うと月々14,300円もしくは15,400円。

にほんブログ村 参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください