文の要点をつかむ

積雪が言われていた関東でしたが、わたしのところは大丈夫でしたね。雨が止んでからは少しだけ公園にいき、かけっこしたり縄跳びの練習をしました。

論理エンジン

今回の取り組みは、文の要点を掴むとのことでした。

要点となる、主語と述語に線を引き選択する問題の取り組みですが、論理エンジンキッズ(はじめての論理国語にも書いてあります。)にのっているコツを使うことで、主語が先頭になくともしっかりと掴むことができていました。こういったところを教えるのは、なんとなくで国語を解いてきた親では厳しいなと思いました。私ももれずにこれに該当しますので、算数の問題集選びより国語の問題集選びは大事な気がします。国語の問題を解くのに明確な公式があるわけではないですが、論理エンジンやはじめての論理国語では、公式というか型のようなものをつかい、論理的に正答に導くような感じですので、なんとなくで国語から脱する手助けになるのではないかなと思っています。

四谷リーダードリル

筆算の繰り下がりの計算でした。やり方を教えるともと、もと繰り下がりの計算はできていましたので、とくにつまづくことなく、できていました。

筆算の虫食い算で、繰り下がりがあると難しいようでしたのでしたので、一緒にやりました。繰り下がりの部分が虫食いされていると、あとから繰り下がり分を足さないといけないので、複雑な分何度か取り組みしないと難しそうですね。

Z会みらい思考力ワーク

今日はダブレットと呼ばれている文字を置換して新しい文字をつくるパズルでした。今回は2文字の取り組みでしたが、最後の言葉が指定されているため、やや難しく一人でできないところがありましたので、ヒントを出しながら取り組みしました。

論理的思考力をつけるための取り組みでしたが、その点ではきらめき算数のほうが力がつきそうな気がしますね。問題自体は面白いので、引き続き取り組みを続けています。

国語力強化

来週の休日から、Z会のグレードアップ問題集で国語力を強化していきたいと思います。論理エンジンやはじめての論理国語で、学んだことをいかしながら、一緒に線を引いて、一つ一つ文の意味を一緒に捉えながら、読解力をつけられたらなと思います。算数検定では、一冊終えることにより力がしっかりついていたので、国語でも期待して取り組みしたいと思います。

現在の取り組み

取り組み時間

  • 朝15から30分
  • 夜1時間

取り組み問題

  • Z会 ハイレベル 小学1年生 【みらい思考力ワーク込み】月々4,955円(年間59,460円)
  • きらめき算数脳 入学準備~小学1年生かず・りょう (2090円)
  • ひとりでとっくん365日05基礎3-A  (1100円)
  • ハイレベ100小学1年さんすう(880円)
  • 論理エンジン 1冊あたり約1792円(合計21500円)
  • すみっコぐらし学習ドリル 小学1年の漢字(880円)
  • 楽しみながら脳を活性化させるおんどくれんしゅうちょう 1日5分で頭がよくなる 5~6歳 825円
  • 《一歩先を行く》リーダードリル〈算数〉小学1年の計算 『予習シリーズ』四谷大塚のドリル 990円

今月終了問題集

  • Z会グレードアップ問題集小学1年算数 文章題880円

今月合計 14,392円

公文式に2教科で通うくらいの出費になっています。

※注意1

Z会の通信教育以外の問題集は一月で終わらないので、厳密には月あたりの合計と実際の支出は異なります。

※注意2

問題集の価格は購入時の価格のため現在と異なっている可能性があります。

※参考

公文式に国語算数で通うと月々14,300円もしくは15,400円。

にほんブログ村 参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください